スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農場主に欠かせないもの。

フォレストファームのHPは、農場主が試行錯誤してます。
写真や背景が変わり、前とは、また違う雰囲気が出ているかと思いますが、いかがでしょう。

我が農場のトップページ写真に農場主とともによく出てくるもの。
お気付きでしょうか。
それは、、、麦わら帽子。

夏のあづ~い時期の草取りでも、最近撮った青空の下でも、山登りでも、
被ってます。

農場主によると、日差しを防いでくれる上に、少々の雨雪なら当たらない。
だそうです。
麦わら帽子に‘夏’のイメージを持つ私は、冬にも被るのかい・・・
とひそかに思っていましたが、実際、年中愛用し、農場主には欠かせないアイテムのようです。
(ただし、真冬の猛吹雪では飛ばされちゃうし、激寒なので、ニット帽を被ってます。さすがに。)

ちなみに、山登りしたときは、みなさん素敵な帽子を被っていて、
私の方が何だか恥ずかしかったという思い出があります。

さて、もう一度トップに戻ってご覧ください。
フォレストファーム http://forest.ocnk.net/
スポンサーサイト

雪。雪。雪。

合いも変わらず雪降りのここ秋田県湯沢市皆瀬です。

今日は、まだまだ降る予報です。
だんだん、風も強くなってきたような。。
昨日、農場主が雪おろしした屋根にも、たっぷり積もってます。

現在の我が家の周囲の風景は、こんな感じ。
↓一面真っ白でわかりづらいです。真ん中あたりは道路。
s-DSCF2506.jpg

明日からセンター試験が始まりますね。
こんなに降ると、いろいろ大変だろうな~。
早く穏やかなお天気になることを願います。

ほぼ自給自足、だと思う。

我が家では、年間を通してあまり野菜を買いません。
それは、農場主母がたくさんの野菜を育ててくれるから!

育てた野菜は、かぼちゃ、白菜、キャベツ、人参、大根、ほうれん草、春菊、ねぎ、きゅうり、トマト、なす、チンゲンサイ、などほんとたくさんの種類。
そのほかにも、秋には、山でキノコを収穫し、豆類もいろいろな種類を育ててます。
(おかげで、お正月以外でも黒豆がよく食卓に並びます。)

先日、その豆を使って納豆を作っていました。
↓詰める前の大豆。我が家は茹でて作るようです。
DSCF2493.jpg

この後は、わら(もちろん我が家のわら)に詰めて大きな袋に入れ、
その袋を毛布で覆い、薪ストーブ近くで暖めます。
一日半ほど経てば、食べごろ。
農場主母によると、粘りがないからといって暖め過ぎると、
悪くなって食べられなくなってしまうとのこと。

納豆まで作るとは!


おやつに、と、農場主母が作った焼餅もいただきました。
もち米と白玉粉を混ぜた粉を焼いて作ります。
外側カリッと内側はもっちりのあんこ入りです。
↓農場主は昔から食べていたそうです。
DSCF2494.jpg
*一口食べてから写真を撮ったため、少々欠けています・・・。

秋田弁の例

先日、「アンこぅ~」について書きましたが、
→→http://forestfarm25.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
まだまだあります。秋田弁、初耳ことば。

あまえっこ→甘酒
あば、あんつぁ→母さん
きゃっこ→貝
しゃっぷ→帽子

け、んだ(*)の方言は、聞いたこともあるし、わかりやすいほうかと思います。
*け→食べなさい、かゆい、など
 んだ→そうだ

文字じゃ本物が伝わりづらいですね。
ひらがなで書いてみるとちょっと違うような。。
ぜひ本場の、生で、聞いて欲しい。
英語?フランス語?何語だい?の秋田弁。

耳が慣れていないこともあるのか、
何て話してるか、全然わからない・・・ってこと、少なくはないです。


(注)地方によって違いがあると思います。我が家などで交わされる言葉です。

ジャム作りの下準備

今日も皆瀬は雪。
最高気温も氷点下。
寒くて寒くて、ストーブの直風を浴びて生活したい私ですが、
農場主は、こたつ一つ(+はんてん)で過ごしてます。
信じられません。
辛いものや熱いものを食べるとすぐ発汗するし、代謝がいい人です。


昨日は、グーズベリージャムを作る下準備をしました。
グーズベリーは、さくらんぼと似たような形で、枝が付いています。
ジャムにするには、その枝を取り除きます。
この取り除き作業、農場主は黙々と4時間強(私は途中で夕食準備をしたり)。

グーズベリーを収穫したときに取り除ければ、作るときは解凍してすぐジャム作りに取り掛かれますが、
収穫時は収穫時で、他の果実の収穫・選別や日常業務に追われ、枝付きで冷凍していました。

解凍が進むため、暖かい場所でやるわけにもいかず、寒い部屋で一つ一つ枝を取る。
気が遠くなる・・・。終わりはいつか。。
一日中選別していた夏のカシスを思い出しました。
枝を取り除く前のグーズベリーを入れた容器に、底が見えたときの感動!

今年は、取り除いて冷凍したい!と思いましたが、どうなることでしょう。
まぁその前に、まだ枝を取っていないグーズベリーがあるので、またこの枝取りが待ってます。

美味しいものをいただくには、下準備が必要。
実感です。

グーズベリーの枝取り作業は写真に収めなかったので、その前日に作ったハスカップジャム作りの様子を。
丁寧にあくを取りながら作っています。

お正月の節句

今日は、七草粥を食べる日として知られるお正月の節句です。
我が家では、朝、お膳を神棚・仏壇に奉り、拝みました。

朝食準備中、ぼたっこ焼いてちょうだい、農場主母に言われ、
冷蔵庫を開けましたが、うん?ぼたっこ?何だそれは??

調べたところ、あるサイトでは、
「ぼたっこ」とは、秋田弁で秋田弁で紅鮭・汐鮭のこと。
秋田弁?!
私も秋田県人ですが、この言葉は聞きなれなかったので、さらに調べてみたところ、
「ぼたっこ」は秋田県横手市周辺で「塩鮭」を指す言葉として使われている。
塩鮭の切り身を並べた様が「ボタンの花」のように見えることから「ボタ」と呼ばれるようになり、
さらに秋田特有の「…っこ」がついて「ぼたっこ」になったと見られる。
だそうです。

聞きなれない言葉といえば、「アンこぅ~」。
話の流れから、人の代名詞として使っているのまではわかりました。
が、私には英語のuncleに聞こえ、何々?ここで英語?と頭の中でハテナマーク。
確認したら、年上の男性を呼ぶとき、(ほんとの兄じゃなくても)
「お兄さん」のような感じで使うようです。

本日7日の我が家の朝食は、そのぼたっこのほか、
七草粥ではないですが、白米のお粥とお餅を煮たお粥(蕨、お豆腐、蒟蒻など入り)をいただきました。s-DSCF2446.jpg
↑我が家のお粥

今年もよろしくお願いいたします!

明けましておめでとうございます。

今年ももう2日目。
お正月は、雪続きのようです。
吹雪いてはいませんが、静かに降り続き、除雪車は忙しく動いてます。


雪も寒さもこれからだと言われても、もう十分だよという気分になりますが、、、
ここに住んでいるからには、楽しまないともったいないですね。

雪があって便利なのは、飲み物などを冷やせること。
この時期、冷蔵庫はお正月料理などでいっぱい。でも飲み物を冷やしたい・・・。
そんなときは、雪の中にど~んと入れちゃいます。
冷蔵庫で冷やすように(あるときはそれ以上に)冷たくなって美味しく飲めます。


今年は、昨年以上に更新頻度を上げて、
フォレストファームの様子、農業に関って感じる事、ここ皆瀬での日常などなど、
お知らせしたいと思います。

2013年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

フォレストファーム嫁

Author:フォレストファーム嫁
2016年春で、農家の嫁生活5年目となりました。

フォレストファームhttp://forest.ocnk.net/
ネット通販サイト

最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。