スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪消し。

現在、稲の育苗ハウスの雪消し(雪掘り)中です。
雪消しとは、その名のとおり、雪を消すことですが、
誰もがわかる言葉ではないのかな??

雪はそのままにしておいても、自然になくなるものですが、
それを待っていると、いつ消えることやら・・・なぐらい積もっており、
道路や街中では、路肩の雪の壁や雪寄せ場から雪を崩して運んだりしているのを見かけます。

育苗ハウスも、3月始めに一掘りしたところですが→農場だより(3月1日)http://forest.ocnk.net/index.php/diary?page=1
ハウスの中の方の雪がまだまだあった。。
ひたすらスコップで雪を掘ってハウスの外に捨てる作業を繰り返します。
ハウスが埋まってしまうくらいの雪なので、かなりの量です。

↓途中経過。スコップを置いたあたりまで掘れば終われると思う。

溶けるの待ちたいぐらいですが、、それは次の作業が待っていてくれない。。

↓沈む夕日とブルーベリー畑。
 ブルーベリーの樹もすっかり雪に埋もれてます。


しかし、時折吹雪いても、モサモサと降り積もる時期は過ぎたようです。
やっぱり春は近づいている!
スポンサーサイト

彼岸の中日。

今日は彼岸の中日。
朝は、鍋餅をいただきました。
鍋餅とは、いわゆる「ぼた餅・おはぎ」です。
「ぼた餅・おはぎ」の違いは、諸説あるようですが、それは置いておいて、
なぜ「鍋餅」か?
鍋で作るからだそうです。
単純でした。

今日は、春分の日(祝日)でもありますね。
昼と夜の長さが等しい日だとばかり思っていましたが、
調べてみると、実際は、昼の方が少し長いようです。

我が家は、外作業が多いので、昼の長さ(外の明るさ)と夕食開始時刻が比例しています。
冬は、夕方4時半頃に食べることもあるよと聞いたときは、驚いたものですが、
自然に合わせた暮らしだなと今は思います。
これから日が長くなるにつれ、また少しずつ遅い時間に食べ始めることになるでしょう。
逆に言えば、冬は、早い時間に夕食を食べ終わるので、夜の時間が長く、眠る時間も長い。
が、時期に関らず、明るさに比例せず、なかなか起きられないのは私。。

農場主を見習います。

春の訪れ

青い空!
太陽の光!
ありがたし。

太陽が出ているにもかかわらず、雪が降って暗い空が多かった冬を過ぎて今、
これまで以上に春を待ち遠しく感じています。
太陽の力で雪融けも進んでいるのでしょう。
屋根から雪がズズズズっと落ちて行く音も聞こえます。

積雪量も少なくなりました。
※真冬の様子を思い出したい方は1月の記事を→→http://forestfarm25.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
そうそう、数ヶ月前はこんな景色だった・・・。
角度が少し違いますが、同じ道です。

紅白の棒が見える割合が増えてます♪

東京ではもう桜が開花したそうです(早っ!)。
こちらで桜が咲くのは、まだゆっくり1月はあるでしょうが、
我が家では、春を告げる花「フクジュソウ」が咲きました。


農場主母が鉢に植え替えて育てています。
今年の厳しい冬の寒さも乗り切って、咲いてくれました。
写真では花が咲いて(開いて)いますが、暗いと開かないとのこと。
花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、だそうです。
目にするだけでも嬉しくなりますが、花言葉もまたおめでたい。

春は近付いているようです。

先週後半は暖かかったのに、土曜日から昨日までは、吹雪いて冷えて。
忙しい移り変わりで、身体がついていくのも大変です。

とはいえ、やはり春間近ですね。
昨日の朝は雪で道路も白くなっていた道路も、昨日午後にはもうアスファルトが見えていました。
今日は雨ですが、昨日は青空が見えて気持ちがいい日でした。

さて。
当農場の「たらの芽」も進んでいます。
たらの芽は、ハウスで温泉の熱を利用して栽培しています。
ハウスに入るまでは・・・
元の木から芽を出して芽が出た木を植える。そして剪定。
植えた木を切って、ハウスに入れる。
という流れだったように思います。
(すみません。昨年ぼんやり見てたのであいまいです。)

山から採ってくるものであれば、おそらく、自然にでしょうが、
育てるとなると、そのままというわけにはいかず、農場主の手がかかってます。
その後の収穫、選別、もまたひと手間です。

選別にしても、トゲを取って、大きさ別にパックにつめて、と。
文字で書くと簡単に見えちゃうな~。
これまた、ちゃちゃっとできないんです(私は)。
大きさって言ったって機械じゃないんだから、同じの揃えるなんて無理~と心の片隅で思いつつ、
見た目・切り目のサイズを揃え、一定の重さになるよう選別します。

暖かさとともに、春が近付いていることを実感するこの作業。
まだしばらくは続きます。

しかし、この作業のお陰でいただける春の味。
早速、天ぷらでいただきました。
もちろん美味!です。

3月になり。

昨日は、啓蟄。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのこと、
だそうですが、皆瀬も昨日、今日と人にも嬉しい暖かさです。

いっとき、家が埋まるんじゃないかと思うぐらい降り積もった雪もだいぶ溶けました。
道路は全然雪がなく、運転も快適!

とはいえ、道路脇の雪は、まだまだまだ。。
↓我が家近くの国道398号です。
keititunomiti

初めてここに来てこの様子を見たとき、
テレビで見る雪の回廊みたい!と驚いたのを思い出します。
しかしまぁこれが私の現在の冬の日常景色。
不思議なものです。


と、戻って。
この雪は、完全なる「カベ」なので、
交差点なんかでは、そろりそろ~りと車の頭を出し、、
基本の右左確認をさらにしっかり、そして慎重に走り出さないと、怖いものです。

この雪がなくなるのは当分先でしょうね。
けど、日々春が近づいているのを感じます。

そうそう。
春を感じるもの。
タラノメの収穫・出荷が始まりました。
この様子はまたあらためて。
プロフィール

フォレストファーム嫁

Author:フォレストファーム嫁
2016年春で、農家の嫁生活5年目となりました。

フォレストファームhttp://forest.ocnk.net/
ネット通販サイト

最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。