スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の食文化

昨晩(朝方?)、雷鳴そして大雨だった皆瀬です。
今は曇り空ですが、これからまた雨が降るかも。
梅雨明けはいつになるやら。。

今回は天候とも農業とも全然関係ない話。
「かやき」ってご存知ですか?

私はここにきてかやきを知りました。
(漢字では「貝焼き」と書くこと自体、つい最近新聞に載っていたレシピで知った・・・。)
分類的には、煮物?汁物?どっちだろう。
ネットで「かやき」を検索すると、汁は少なめなものもあるようですが、
我が家では、味噌汁的な感じで食べています。

かやきの具材としてはいろいろでしょうが、
今の時期は、我が家ではこれ↓


そう、鯨です。
鯨ってスーパーで売ってたんだ?!というレベルだった私。

我が家の鯨かやきの材料は、
じゃがいも、山菜のみず、たまねぎ、豆腐、かな。
味は味噌ベースです。

みずが採れる頃になると、そろそろ鯨かやき食べる時期だな~となるらしいです。
ちなみに、実家の母(秋田県北在住)に聞いたところ、昔はくじらかやき食べてたそうですが、
もっと暑い時期になってから食べてたとのこと。

鯨かやきは、特に農場主父が好きで、月3、4回食べている気がします。
夏バテ防止にもよさそうですが、まだそれほど暑くはない秋田です。
スポンサーサイト

雨が止んだのもつかの間。

お久しぶりとなりました。
ここ皆瀬は、昨日から今日夕方までは雨が降らずにいたのですが、現在は再び雨。

7月に入ってから、雨が続いています。
6月の快晴と気温の高さが嘘のようです。
逆さてるてる坊主を吊るしている家もあったぐらい、雨を求めていたのに。
今はてるてる坊主を吊るそうかというぐらい、太陽が恋しいです。

雨続きとはいえ、もちろん作業は休みなし。
農場主は田んぼの草取りに精を出し、その他の家族は草刈りやブルーベリー収穫に励んでいました。
雨が降ろうとカンカン照りの暑い日だろうと、外作業を休めないのが、農業という仕事。

そんな忙しい最中だというのに、カゼをひくという大失敗もありました。
雨に濡れたままにしていたのが、良くなかったようです・・・。
ほとんどカゼをひくことがない私。
ちょっと雨に濡れたぐらいでカゼをひかないと思っていたのですが、、反省しました。

そうしてこうして、7月も半月が過ぎました。
梅雨明けはまだ少し先のようです。
ま、梅雨明けしたら、暑い暑い日々が待っていることでしょう。

暑い地域も雨降りの地域も、みなさまお身体はお大事に。

昨日のブルーベリー畑。逆光になってますね。
DSCF3595.jpg
ブルーベリー、ご注文いただいたのにまだお手元に届いていない方、
生ブルーベリーの注文をされたい方、申し訳ありません。
もう少々お待ちください。

ポットで育てていたタラノキも畑に植え替えました。

ぽつぽつと見える緑色は、雑草です。

ブルーベリーの収穫が始まりました!

今日はむし暑い一日だった皆瀬です。

ハスカップの収穫は、終わりになりつつあるところですが、
7月に入ってブルーベリーの収穫が始まりました!
お天気が良い日が続いたので(というか全然雨が降らずだった)、
予定より早く収穫が始められたようです。

ブルーベリーは、パッと見、取り頃のおいしそうなのがたくさんあるんですが、
取ってみると、裏側がまだ赤みがかっていたりして、
いい感じのだけ取ろうとするとそれなりに時間がかかります。


そして、結構取ったな~と思っても、開けてみると少ない。

しかし、これが全部取り頃になったら、どれだけなのだろうと思うと、ちょっと怖いです。
収穫もですが、その後の選別もあるし、
テキパキ、さくさくやらないと、寝られない。。
7月8月の2ヶ月、何とか乗り切らねば。


鳥に食べられるのと風を防ぐため、ネットを張りました。
これは周りを張ったところ。
上部にもネットを張ります。
今年は、ブルーベリーの樹全てを囲うので、大変そう。
(農場主と農場主父がやってくれています。)
s-DSCF3537.jpg

なお、私の草取りは、結局一人ではやり終わらず、、
来年は第一に早い時期から始める、第二にもっと手早くやる、を心に留めておきます。

明日も美味しいブルーベリー(もちろんお米も!)をお届けするため、
精いっぱい働きます。

職人さん。

今晩もカエルの大合唱が聞こえる夜です。

先週の金曜日(6月28日)のこととなりますが、我が家の裏にある木を切り倒しました。
昨年の春、強風で太い木が折れたこともあり、
この際だから、切ってしまおう、となったらしいです。

わかりづらい写真かと思いますが、、木々は結構立派に背高く育ってます。
伐採は職人さんにお願いしました。

s-DSCF3427.jpg

クレーン車もやってきて、どんな風に木を切るのだろう?と見ていたら、
職人さんがクレーン車で登っていく!
根元から切り倒していくのだと思っていたので、まずその光景にビックリ!

おおまかな流れとしては、次のような感じでした。

1.木を切る職人さんがクレーンに吊られて、木に登り、
s-DSCF3436.jpg

2.上部から枝を切り落とし、
s-DSCF3491.jpg

3.ある程度の長さで切って、木をクレーンで降ろす。
s-DSCF3504.jpg

この作業を何度か繰り返して、木の高さを低くします。
(木を倒しても周囲にぶつかったりしないぐらいの高さにしているようです。)
で、職人さんは、またクレーンで地面に降りてきて、木を根元から切り倒します。

命綱一つで木に登って作業してる様子、かっこよかった!!
(農場主父流に言うと、「やるもんだぁ!!※」)
※よくやるな~みたいな感じの意味かな。

近所の方々も観客となり、この作業に見とれてました。
いや、私は草取りもしなきゃいけないんですけどね。。
そう見れる機会はないだろうし、記録と記憶に残しました。

2013年も半年が終わりました。
ほんとあっという間です。
暑さに巻けず、職人さんのようにテキパキ動いて、7月、8月の夏作業を乗り切りたいと思います!
プロフィール

フォレストファーム嫁

Author:フォレストファーム嫁
2016年春で、農家の嫁生活5年目となりました。

フォレストファームhttp://forest.ocnk.net/
ネット通販サイト

最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。